年を感じさせない髪に~白髪染めで生まれ変わる~

髪の毛

白髪を隠す

笑顔

白髪は年齢を高くみせる影響があるため白髪染めで黒く染めてしまう人が多くいます。しかし、白髪染めにはさまざまな薬剤が使われているものもあり地肌や髪にダメージを与えてしまいます。一方で無添加の天然素材で作られた白髪染めもあり広く使われています。

詳しく見る

モロッコ原産の万能オイル

女性

モロッコ原産のアルガンツリーの実から採れるアルガンオイルは、強い抗酸化作用を持ち、アンチエイジングに役立つコスメの成分として注目されています。希少性の高いオイルなので、品質の高い製品を選ぶことが大切です。

詳しく見る

いつまでも美しい髪へ

男性

白髪を染めるためには

ある程度の年齢を重ねてくると気になるのがやはり白髪です。昔は白髪染めと言えば、美容院でするのが当たり前でしたが今では自宅で簡単に出来る白髪染めも数多く販売されています。白髪染めと普通のカラー、そしてカラートリートメント。沢山種類があってどれが自分に適しているのか分からない方も多くいらっしゃると思います。白髪染めの特徴としては、名前の通り白髪を染めることを目的とした染料です。白髪はしっかりと染まりますが、黒髪を明るくする力が普通のカラーに比べて少し弱いのでカラーによるダメージも軽減されていると言えます。昔は黒や濃い茶色と言った色味しかなかった白髪染めですが、今は明るくても綺麗に白髪が染まるようカラーバリエーションも豊富に作られています。ですので白髪染めもオシャレの一環として考えられる方が増えて来た様に思えます。

髪を綺麗に染めるには

美容室で染めたときと自宅で染めたときの仕上がりが全然違う。そう感じたことがある方は沢山いらっしゃるかと思います。白髪染めに使われている染料は市販の物と美容室の物に然程違いはありません。ではなぜ、仕上がりに差が出るのか。まず一つ目が「均等に薬剤を付けれているか」です。綺麗な仕上がりにするには薬剤を均等に塗る必要があります。二つ目が「置き時間を守っているか」です。染まりが悪いからと言って表示時間よりも長く置いても基本的にはそれ以上染まりません。薬剤の色味などを変えると綺麗にしっかりと染まります。そして最後三つ目が「毛先まで薬をつけない」です。毛先が明るくなりすぎて光っていたり、白髪が出ていなければ薬剤は伸びて来た根元だけにつけます。何度も何度も毛先まで薬剤をつけていると、せっかく明るめの染料で染めていても毛先がとても暗くなってしまします。ですので、全体的に染めるのは2〜3回に1回だけで十分です。この三つのポイントを押さえておくと自宅で綺麗な毛染めが出来ます。

脱毛の精神的負担を軽減

笑顔

抗がん剤治療などで脱毛期間が生じてしまったとき、医療用かつらが助けになります。女性は特に髪の毛が抜けてしまうと精神的負担が大きいものですが、医療用かつらの着用で、ストレスから解放され治療に専念することができます。機能や見た目を十分に考えて作られており、希望のカットやスタイリングも行えます。

詳しく見る