年を感じさせない髪に~白髪染めで生まれ変わる~

髪の毛

脱毛の精神的負担を軽減

笑顔

がん治療などの助けに

抗がん剤の使用や生まれつきの体質で髪の毛が抜けてしまったり、生えてこなくなるという問題に対処するために医療用かつらがあります。抗がん剤の使用で体が辛い時に髪の毛も抜けるという精神的ストレスは耐えがたい負担になることもあります。特に女性にとって髪は命というほど大切なものです。医療用かつらを使用することで、精神的負担を軽減し、治療に専念することができます。また治療が終わってからも自毛が伸びてくるまでのあいだも、医療用かつらは助けになります。会社勤めなどをしている場合、周囲には気を使われたくないものですが、医療用かつらは分け目やつむじまで精密に作られているため、かつらだと気付かれることはほぼありません。自分にぴったりのものが見つかるよう、ほとんどのメーカーで試着することができます。

見た目も機能性も優秀

医療用かつらは一般的なかつらよりも精密に、機能的に作られています。女性は特に人と会う時だけでなく、日常的に長時間使用することが多いことが想定されますが、抗がん剤で敏感になった皮膚に長時間着用していても、通気性が良く締め付けを感じないよう、負担の軽い設計がなされています。特に女性の場合は自毛があるときと抜けた後での頭のサイズには大きな差が生じますが、医療用かつらはサイズ調節も自在ですから、次第にサイズが合わなくなるという心配がありません。また、女性にとっては自分のイメージはとても大切なものです。メーカーによっては希望通りのカットやスタイリングを行ってくれる無料サービスがあります。医療用かつらを着用しても以前のイメージを保ちたい場合でも安心です。